プチ断食

プチ断食を知っておきたい

プチ断食 header image 2

プチ断食の種類について

2014年12月17日 · コメント(0) · 未分類

プチ断食にはいろいろな種類があります。連休や年末年始の長期休暇等に短期的に集中して行うもの、毎週末だけ行うもの、毎日半日だけ行うものなど、自分の都合に合わせて、いろいろなやり方を選ぶことができます。最も手軽に行うのは、半日だけ断食するものです。例えば、朝食を食べなければ、前日の夕食から当日の昼食まで、約15時間程度断食をすることになります。これだけでは短いと思われるかもしれませんが、通常私たちは大体6時間から8時間間隔で食事をとっているので、朝食を抜くだけで食事の間隔を普段の2倍以上空けることができるのです。これだけでも、胃腸の負担はかなり軽減されます。消化に負担がかからない分、新陳代謝を高めるのにエネルギーが費やされるので、健康や美容にとてもよい効果をもたらします。朝食を1回抜くだけでデトックス効果が高まり、便秘が解消する人も多いのです。より本格的に断食したい人は、土日を断食に当てるのも良いでしょう。土曜日は野菜ジュースやスープ等の液体だけとって過ごし、日曜日はおかゆを食べて少しずつ通常の食事に戻していきます。まる1日消化器官を休めることができるので、より高いデトックス効果が期待できます。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。